キービジュアル キービジュアル

運転以上に人が好き!
そんな人に向いた仕事です。

H.Y.さん写真

H.Y.さん 30代 正社員
宅配ドライバー 勤続11年

研修に時間をかけて
独り立ちできます。

流通サービスに転職するまで、ドライバー職の経験はありませんでした。結婚を機に長く働けそうな会社を探していまして、求人情報を探して見つけたのが流通サービスの正社員ドライバー職です。とくに運転が好きというわけではなかったのですが、通勤しやすさや土日休みの仕事という点に惹かれて応募をしました。普通免許で運転ができるトラックですし、初めてのドライバー職に対する不安というのは、それほど感じてはいなかったですね。

同乗研修やセンター内でのトラック運転研修、さらに座学の学習も含めて、入社後は1ヵ月ほどかけて研修を行いました。独り立ちすれば組合員さまのお宅に一人で配送をすることになりますので、最初の研修にはしっかり時間をかけてくれます。本社では研修専門の部署があります。座学を始め当社専用の実技研修所で実際にトラックを運転する研修や初任診断などもあり、2ヵ月ほどかけてしっかり安全に配送を行う技術を学べる環境なんですよ。

そして先輩ドライバーとの同乗研修が終わると、そこからは担当するエリア、コースが決められ、生協宅配ドライバーとしての業務がスタートです。流通サービスではさまざまな生協の商品を配送していますが、僕が担当するのはパルシステムの商品の配送。平均すると1日に60~70件ほどの組合員さまのお宅に配送を行います。担当エリアには月~金曜日の5つのルートがあり、これは完全固定。道を一度覚えてしまえば、迷うことなく運転ができますよ。

走り慣れた道でも
事故は起こります。

写真1 写真1

生協宅配のドライバー職は、「組合員さまに寄り添う」意識がとても大切です。ドライバーというと一度配送センターを出たら自分の世界で孤独に、なんてイメージがあるかもしれませんが、生協の宅配ドライバーはかなり違います。自分の担当エリアの組合員さまとはすぐに顔なじみになりますし、ちょっとした会話を楽しみにされている方もいらっしゃいます。運転が好きよりも、人と接することが好きだという人に向いた仕事かもしれませんね。

商品についてのお問い合わせやご意見は専用の受付窓口があるのですが、それでも組合員さまから直接質問やご意見をいただくこともあります。宅配ドライバーは組合員さまにとって、顔が見える生協の窓口のような存在ですので、しっかり話を伺い、配送センターに戻ってからはスタッフと情報を共有します。こうした中で少しずつ組合員さまとの信頼関係を築いていくことができるのです。

経験を積むうちに効率よく配送ができるようになりますが、覚えておいて欲しいことがあります。それは、いつも走っている道でも事故が起こるということ。歩行者なのか、自転車なのか、それとも路上駐車の車なのか要因はさまざまですが、慣れた道でも常に危険は潜んでいるんだということです。どれほど経験を積んでも運転中は絶対に気を抜かないでください。これだけはしっかり覚えておいて欲しいですね。

土日の完全週休2日制は
魅力です!

写真2 写真2

ドライバー専門で働くこともできますが、僕は入社1年目でリーダーになり、3年前からは所長代理となりました。上長にもドライバー出身の人が大多数で、キャリアアップしたい方には合っている会社だと思います。所長代理としては品質管理や車両管理、さらには社員教育やアルバイト社員のシフト管理なども担当しています。将来的には所長やエリア全体を管理する立場になり、エリア全体の品質向上に取り組むことができたら嬉しいですね。

ドライバーの求人も多く、どこに応募すればいいか迷われている方もいるかと思います。僕が流通サービスを選んだ理由はなんといっても固定の土日休みというところでしょう。僕は子どもの野球チームのコーチをしているのですが、土日が休めるからこそ、コーチが続けられます。週末にしっかりプライベートの時間を確保できるのは本当にいいですよ。残業ゼロを希望される方にもオススメですね。管理職になれば別ですが、ドライバーなら自分の希望通りに働けます。

ドライバー職の経験がない方も心配はいりません。普通免許があればOKですし、トラックの半分以上はAT車でAT限定でも大丈夫。ドライバー仲間は年齢を意識しない気さくな人ばかりで、スポーツやイベントで楽しむことも多いですよ。元気があって、人が好きな方なら流通サービスはぴったりだと思います。お待ちしています!

※一部エリアは日・月が休み

宅配ドライバーの求人一覧を見る