キービジュアル キービジュアル

目標は「1年間、定時退社」。
流通サービスなら実現できる!

H.K.さん写真

H.K.さん 30代 正社員
運送ドライバー 勤続6年

前職の労働環境の悪さに疲弊。
知人の紹介で流通サービスに。

流通サービスの運送ドライバー求人は、流通サービスで働く知人から紹介してもらいました。前職は飲料メーカーの営業職だったのですが、慢性的に人手不足の会社で労働時間が長く、疲弊して悩んでいた私を知人が心配して声をかけてくれました。流通サービスという会社についての知識はほとんどなかったのですが、週に2日の休みもしっかり取れ、残業も少ないと聞き、転職を決めました。

以前に4年ほど中距離ドライバーの経験があり、ドライバー職自体に不安はありませんでした。ただ、そのドライバー時代も週に1日しか休みが取れない環境で悩み辞めており、労働環境が改善することを願いながらの転職でした。実際に働き始めると、たしかに週休2日で無駄な残業もありません。定時で帰れることも多く、いい会社に入社できたことにホッとしました。

ドライバーとして配送に出るまでの研修も丁寧で、座学の研修から始まり、その後は先輩ドライバーの助手席に乗ってルート配送を経験する横乗りを1週間。さらに自分が運転し、先輩ドライバーが助手席に乗って配送業務を確認。大丈夫と判断された時点で、流通サービスの運送ドライバーとしてひとり立ちとなります。

予測できない人の動き。
集中力を高めて運転しています。

写真1 写真1

現在は中型4tの冷凍冷蔵トラックを運転し、レストランチェーンの店舗に食材を配送しています。営業所を出発して指定の工場に行き、9~10店舗分の食材を積み込みます。食材は店舗ごとにカゴ台車に載せられているので、積み込みでの力仕事もありません。いま担当は4ルートありますが、基本的には担当のドライバーが休みのルートで配送をしています。

店舗に到着したら、スタッフの方に挨拶し、バックヤードの扉を開けて食材を搬入。前日降ろした荷物から回収が必要なものを積み込み出発です。顔なじみのスタッフの方も多く、挨拶やちょっとした会話も大切にしています。会話の中からお客さまの新しい一面を発見することも多く、そうした気づきが楽しめるのも流通サービスの運送ドライバーの魅力ですね。

運転時は集中力を高めて、サイドミラーはとくに意識しています。スマホを見ながら歩いている人も多いですし、人の動きはなかなか予測できません。歩行者信号と車用の信号が変わるのに時差があったり、運転でもさまざまな気づきがあり、ルート配送といっても飽きることがありません。この仕事を続けていると、人の行動予測などの能力が養われるかもしれませんね。

いまの労働環境に悩まれているなら、
ぜひ流通サービスを経験して欲しい。

写真2 写真2

ドライバー求人では、古い体質の会社を見分けるのが難しいですし、いま勤めている会社に疑問を持っている人も少なくないと思うんです。拘束時間が長かったり、有給制度もあってないようなものだったり。労働環境を変えたいと真剣に悩まれているなら、ぜひ流通サービスのドライバー職を経験して欲しいと思います。

巷の会社員のように週休2日で働きたい。そんな願いは普通に叶う会社です。残業時間がないとはいいませんが、本当に必要な残業だけ。ドライバーを悩ませる待機時間もありません。ストレスがたまるあの待機時間がなくなるだけでも、精神的に本当に楽になります。肉体的な疲労も少ないので、休日は自分の趣味の時間を全力で楽しんでいますよ!

私は「定時帰り」という言葉がなにより好きなんです(笑)。もちろん、必要な残業はしっかり対応しますが、みんなでさらに仕事の効率を上げて、「1年間、定時退社」という私の目標をいつか実現したい。流通サービスなら、それができると思っています。

運送ドライバーの求人一覧を見る

Working voice 働く人の声

その他のインタビューを見る

生協(コープ)
物流倉庫・運送